平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

インタビューを受けました

オンライン・ウェブ・マガジン〈アニマ・ソラリス〉で著者インタビューを受けました。
最新作「歌詠川物語Ⅱ」と「ヴァンパイア 真紅の鏡像」について色々とお喋りしています。
よろしければご覧下さい。
[PR]
# by y-hiraya | 2008-07-08 22:13 | 告知 | Comments(0)

『異形コレクション』に作品が載ります

b0150390_1748360.jpg
『異形コレクション 未来妖怪』(光文社・刊)に「黒いエマージェンシーボックス」が載ります。
『異形コレクション』には、ここしばらく続けて載せてもらっています。
《妖怪》というとユーモラスなイメージがありますが、この作品は暑い夏に相応しい怖~いものに仕上がっております。
是非、お買い求め下さい(笑)。
7月10日発売です。
[PR]
# by y-hiraya | 2008-07-04 17:48 | 告知 | Comments(0)

作品紹介・その3 『種山ヶ原幻想』

b0150390_2152431.jpg
「北の文学」では10年ほど前まで、優秀作受賞者は〈グラフ文学散歩〉という紀行文を書くことになっていた。
岩手県ゆかりの作家・あるいは作品に材を取った原稿用紙10枚ほどの文章に、自分で撮影した写真をそえるのだ。
『種山ヶ原幻想』は、「北の文学」第28号(94年5月 岩手日報社)に掲載された。
宮澤賢治の作品の舞台となった奥州市江刺区の種山高原を歩き、その情景を描いたもので、平谷美樹の初のエッセイである。
初挑戦ということもあり、その文章はややぎごちない。
しかし小雪の舞う初冬の高原の、幻想的な空気は充分に描き出されている。

写真・種山高原

〈文・管理人M〉
[PR]
# by y-hiraya | 2008-07-02 21:43 | 作品紹介 | Comments(0)