平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

重版決定!

今月16日刊行の「柳は萌ゆる」(実業之日本社)、重版が決定いたしました。
お買い上げいただいた皆様、 岩手日報連載時より応援していただいた皆様のおかげです。
ありがとうございました。

また、今週末(12月1日・2日)には、この作品を原作とした盛岡文士劇「柳は萌ゆる」も上演されます。
チケットはすでに完売ですが、お正月にはIBC岩手放送で放映されます。
岩手にお住まいの方のみになりますが、よろしければどうぞご覧下さい。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-29 13:01 | 本について | Comments(0)

御礼「きみと詠う 江の島高校和歌部」

b0150390_17255369.jpg
大平しおりさんより新刊「きみと詠う 江の島高校和歌部 」(メディアワークス文庫)をいただきました。

【小6の夏休み、江の島で出会った少女・明日歌と語り合った夢を叶えるため、江の島高校に入学した和樹。
だが、和歌部はすでに廃部していた。
再会した明日歌とともに和歌部を復活させたものの、待ち受けていたのは…。】
(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-27 17:26 | 献本御礼 | Comments(0)

『柳は萌ゆる』刊行に寄せて

新刊「柳は萌ゆる」(実業之日本社)について、短いエッセイを書きました。

実業之日本社のサイト〈Webジェイノベル〉と、
書評まとめ読みサイト〈ブックバン〉に掲載されています。

Webジェイノベル
https://j-nbooks.jp/novel/columnDetail.php?cKey=107&fbclid=IwAR08kp1gbCfEhGR0rNfAA8DRy0VNR9ybGnMSp5i8BCQmhYxvtNjIhjjSoqk

ブックバン
https://www.bookbang.jp/review/article/560540?fbclid=IwAR3E15qZ3o2Iz8QwXLKT17ZHWOWfYmt9I0fGr7B21k1bGPMD3Qw1FiSk5nY

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-21 21:35 | 告知 | Comments(0)

御礼「斗星、北天にあり」

b0150390_17281085.jpg
鳴神響一さんより新刊「斗星、北天にあり」(徳間書店)をいただきました。

【国造りこそ、最大の防衛策なり!
安東家を統一し、東北最大の湊を造り、蝦夷を治め、信長・秀吉とも誼を通じた男の野望、葛藤、そして恋…。
秋田の礎を築いた智将、安東愛季に迫る歴史巨編。】
(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2018-11-17 17:28 | 献本御礼 | Comments(0)

御礼「鬼船の城塞 2 南海の泥棒島 」

b0150390_17241692.jpg
鳴神響一さんより新刊「鬼船の城塞 2 南海の泥棒島 」(ハルキ文庫)をいただきました。

【船を失った鏑木信之介と海賊衆の阿蘭党は、館島(小笠原諸島父島)で苦悩の日々を送っていた。
ある日、無人の南蛮船を発見し、下田へ向けて旅立つも、嵐に襲われ、スペインとの深い因縁を持つ民が暮らす楽園へと漂着し…。】
(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-17 17:24 | 献本御礼 | Comments(0)

御礼「水神の棺 」

b0150390_17194398.jpg
橘沙羅さんより新刊「水神の棺 古代豪族ミステリー和邇氏篇」(ハルキ文庫)をいただきました。

【多くの后妃を輩出しながら、忘れ去られた和邇氏と、現代の人々との絆が生んだ切ない真相とは?
幻の一族を巡る連続殺人の謎を、古代史マニアの破戒坊主・志田芳信が解く! 古代ミステリーシリーズ第1弾。】
(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-17 17:20 | 献本御礼 | Comments(0)

「柳は萌ゆる」本日刊行

b0150390_13421512.jpg
「柳は萌ゆる」
単行本にて実業之日本社より本日刊行です。


【知られざる、もう一つの戊辰戦争!
維新の動乱に立ち向かった、盛岡藩の若き家老・楢山佐渡。
新しい世にふさわしい政の実現を志した男の、苦悩と激烈なる生きざまを描いた歴史長編。
『岩手日報』連載を加筆修正して単行本化。】「TRC MARC」の商品解説

題字は新聞連載当時と同じく、伊藤康子さん。
古山拓さんによる連載時の挿絵も、数点収録させていただきました。


こちらは盛岡の書店員さんのブログです。
褒めていただいてます♪
ありがとうございました!
http://blacknightgo.blog.fc2.com/blog-entry-3677.html

今年の盛岡文士劇の原作でもあります。
どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2018-11-16 13:44 | 告知 | Comments(0)

「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞」感想

b0150390_17453107.jpg
伝奇時代劇アジテーター三田主水さんがブログ【時代伝奇夢中道 主水血笑録】で
「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 月下狐の舞」を取り上げて下さいました。
薬楽堂シリーズもこれで4巻目。既刊ともども、どうぞよろしくお願いします。

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2018/11/post-94c5.html

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2018-11-05 17:46 | 本について | Comments(0)

「百夜・百鬼夜行帖」感想

三田主水さんのブログ【時代伝奇夢中道 主水血笑録】にアップされている電子書籍「百夜・百鬼夜行帖」の感想。
今週は5章の4『蛇精』、第5章の5『聖塚と三童子』、第5章の6『侘助の男』の3本です。

いつもありがとうございます。

http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2018/11/545556-778e.html

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2018-11-03 22:18 | 本について | Comments(0)