平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

マル秘長編脱稿

昨年の10月から取りかかっていた長編を土曜日にやっと脱稿しました。
初稿1403枚。本当は800枚で書こうとしたのだけれど(笑)
もっと掘り下げたかった登場人物もいたので、これでも抑えました(笑)
4ヶ月以上もかかってこの枚数なのは、調べなければならない資料が多かったから。
一人の人物でも、この年はこの資料。こっちの年はこっちの資料――と、幾つもの資料をひっくり返さなければならなかったのです。
これから推敲すると、たぶん枚数は少し増えるでしょう。

で、なぜ「マル秘長編」なのかと言えば、まだ発表先から秘密にしておいてと言われているから。
「義経になった男」とか「風の王国」よりは枚数が少ないけれど、今回の執筆はさすがに疲れました。

脱稿して2日たって、精神的な負担がなくなっていることに気づきました。
それで、日記を書く余裕が出来たのであります。

脱稿から今日まで、何もせずにボウッとしていたのかと言えば、さにあらず。
毎月書かなければならない電子書籍用の短編を書いていました。
長編執筆中にもほぼ毎月書いていたのですが(すでに半年分送っているので、一回サボっても原稿を落とすことはないのです)、その時にはしんどかった短編執筆がサクサク進みます。
やはり、精神的に大きな負担があったのだなぁと感じました。

マル秘長編は、大切なお友達とのコラボの企画も含んでおり、本格始動するのが楽しみなのですが、それはまだ先のこと。夏頃になります。
初夏の頃には告知できます。

さて、短編を書き終えたら、5月までに書き下ろしを3冊。文庫化のゲラを1冊。
7月までに書き下ろし1冊。
平行して、どうしても書きたい幕末の岩手を舞台にした「恋愛小説」の執筆をするつもり。
実を言うと、今一番書きたいのはそれ。
アマチュアの頃なら、その時に書いているものをほっぽり出しても書いていたろうなぁ。

今年はなんだかわくわくする日々を過ごしております♪

〈文・平谷美樹〉
[PR]
by y-hiraya | 2016-02-22 22:56 | 雑記 | Comments(0)

「安楽探偵」

b0150390_17433537.jpg

小林泰三さんより新刊「安楽探偵」(光文社文庫)を頂戴しました。

【熱狂的ファンの中年男の恐怖を語るアイドル、何者かに太る薬を盛られていると訴える女…。
事務所から一歩も出ないものぐさな探偵の推理とは? 奇才が放つ連作ミステリー。
『Web光文社文庫』掲載に書下ろしを加え文庫化。】(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2016-02-13 17:47 | 献本御礼 | Comments(0)

朗読劇「加奈子」は今度の日曜日です

宮古市民文化会館・中ホールで行われる朗読劇「加奈子」の公演が、数日後に迫って参りました。

2月7日(日) 宮古市民文化会館 中ホール
13時開場 13時30分開演
入場料 前売り1000円 当日1200円
主催 いわてアートサポートセンター
お問い合わせ 宮古市民文化会館 0193-63-2511


http://iwate-arts-miyako.jp/archives/3166/

この物語は、オトナ映画部による自主制作映画『加奈子(仮)マイホームタウン』がまず制作され、そののちに平谷美樹が「あの日から 東日本大震災鎮魂 岩手県出身作家短編集」(岩手日報社・刊/道又力・編)のために小説化したものです。
それがこのたび【朗読劇】という、また違った形態の作品になります。
演出家の方や、ご出演いただく皆さんがどういった解釈でこの物語に新しい命を与えて下さるのか、非常に楽しみにしております。

お近くの方、お時間に余裕のある方は是非!

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2016-02-02 11:24 | 告知 | Comments(0)