平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2012年・大晦日

今年も1年、お付き合いいただきありがとうございました。
2012年は9冊の書籍を出版。電子書籍では短編を10編発表。
デビュー以来、もっとも大量の原稿を書いた年になりました。
来年はさらに大量の原稿を書く予定になっております。
詳細はその都度、御報告いたします。
2013年も【平谷美樹の歌詠川通信】をよろしくお願いいたします。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-31 13:39 | 雑記 | Comments(0)

来年の新刊(爆)

来年の話なので、あまりにも早いと思うのですが……
版元のHPに掲載されましたので、告知いたします。

『採薬使佐平次』角川書店・刊
(単行本書き下ろし)
2013年2月発売予定!

http://www.kadokawa.co.jp/book/bk_detail.php?pcd=321211000073

一部ネット書店で予約が始まっています。
どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-24 21:51 | 告知 | Comments(0)

12月16日 クランクアップ!

オトナ映画部の新作【3・11メモリアルフィルム「ひとつ」】。先日、本編の撮影が終了しました。
b0150390_7434816.jpg

盛岡市復興支援学生寮しぇあハート村。実在する施設であり、本作の主な舞台です。
撮影のために部屋をお借りしたり、職員の方をスタッフとしてお借りしたり、映画部と一体となって作品作りに
ご協力いただきました。

b0150390_7502693.jpg

この日の撮影には、なんとこんなモノまで登場! 滝沢村の広告会社様から無償でお貸しいただいた高所作業車です。どんな絵が撮れたか、本当に楽しみです♪

b0150390_753846.jpg

本作の主人公、ジュン(右)とツヨシ(左)。
ジュン役のリサトくんとツヨシ役の菅野創一朗くんは、約ひと月に及ぶ撮影の間に本当に主題歌「ひとつ」を生み出してくれました。
ふたりのバックに飾られている大漁旗は、昨年の震災で被災したもの。完全にフィクションである本作ですが、物語に込めた我々の思いをこの旗が見届けてくれたような気持ちになりました。

b0150390_804937.jpg

そして、本作のラストを飾ってくれた大勢のエキストラの皆さん。我々の呼びかけに応じて、100名を越す方々が集まって下さいました。強風の吹く寒い中、本当にありがとうございました。
エキストラの皆さんの待機場所として公民館を開放して下さり、また、甘酒のお振る舞いにもご助力下さった
本宮第4町内会様にも、スタッフ全員感謝しております。

盛岡市からの依頼で制作がスタートした【3・11メモリアルフィルム「ひとつ」】。
オトナ映画部の作品作りは常に大勢の方々のご理解とご協力、ご好意、そして善意に支えられて来ました。
その中でも本作は、特に沢山の皆様のご支援を得てクランクアップにこぎ着けることが出来ました。
必ず、皆様の期待に応えられる作品が出来上がる、と確信しております。
来年3月の公開を、どうぞお楽しみに!

※お知らせ
【3・11メモリアルフィルム「ひとつ」】のFacebookページが出来ました。
作品の進捗状況など、こちらでも確認いただけます。どうぞ、よろしく。

https://www.facebook.com/311memoriarufirumuhitotsu

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-18 08:07 | オトナ映画部 | Comments(0)

『百夜・百鬼夜行帖』第9・10作配信

b0150390_13375436.jpg




小学館の電子書籍によるアンソロジー
『九十九神曼荼羅』の新作が
本日より配信です。
平谷の短編シリーズ『百夜・百鬼夜行帖』
第9作「あかしの蝋燭」と、
第10作「勝虫」も配信されております。


b0150390_13382135.jpg
























小学館の電子書籍サイト【小学館eBooks】はこちら。
http://ebook.shogakukan.co.jp/

販売サイト、対応の電子機器などはこちらでご確認下さい。
販売サイトによって、対応する機器が異なります。
http://ebook.shogakukan.co.jp/shoplist.html

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-14 13:46 | 告知 | Comments(0)

『風の王国⑤渤海滅亡』

b0150390_21455584.jpg

『風の王国⑤渤海滅亡』(角川春樹事務所・刊)
12月14日発売予定。
現在、ネット書店で予約受付中です。

芳蘭は唐へ貢ぎ物として送られるさ中、耶律突欲と出会い、運命を共にすることに。一方、契丹の皇后・月理朶の命で、遼州城にいた明秀たちは、捕らわれの身となる。滅びゆく渤海の運命は果たして…。【「TRC MARC」の商品解説】

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-12 21:43 | 告知 | Comments(0)

『藪の奥――眠る義経秘宝』

b0150390_21333437.jpg

『藪の奥――眠る義経秘宝』(講談社文庫・刊)
12月14日刊行予定ですが、一部ネット書店では取り扱いが始まっているようです。

「黄金郷ヒライズミ」の地図を入手したシュリーマンは、一攫千金と名声獲得の野望を抱き来日。髭を伸ばして蝦夷に変装し、偽者を横浜に置いて平泉に上る。だがそれを阻む修験者と謎の黒装束集団の争いが勃発し…。【「TRC MARC」の商品解説】

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-12 21:38 | 告知 | Comments(0)

12月1日・2日 沼宮内・葛巻・岩手町1泊2日ロケ

b0150390_14511513.jpg

オトナ映画部の新作ロケ。12月1日はここからスタート。
主人公ふたりが電車を降りてから、バスに乗り遅れるまでを撮りました。
b0150390_14564925.jpg

移動した先は葛巻町の【森のそば屋】。地元の女性達が手打ち蕎麦や、囲炉裏で焼いた川魚、豆腐田楽などを提供するお店です。
突然のロケのお願いに快く応じて下さったばかりか、ロケ隊全員を温かくもてなして下さいました。

この日は葛巻町の公共の宿・グリーンテージに1泊。夜は撮影監督の千葉氏が撮影済みのカットを繋いだものを試写。まだまだ未完成ながら、全体像が見えてきたことでスタッフのテンションも上がります。

翌2日は二手に分かれて行動開始です。
ロケ隊はヒッチハイク・シーンの続きから、物語の山場になる北上川源泉でのロケ。
女性スタッフは昼からの撮影の仕込みにかかりました。
b0150390_15115495.jpg

その、昼からのシーンとはこちら!
b0150390_1517233.jpg

鍋を囲む農家の人たちが、主人公達を呼び止める場面です。ちなみに、この人達は本物の農家の方ではありません(笑)。

残るロケはあと1回、ラストシーンのみとなりました。もちろんそれで完成ではありません。そのあと編集や音楽の録音など(オトナ映画部の作品に使用する音楽は、全てオリジナル曲です!)やることは山積みです。
しかし、次のロケで確実に最初のひと山は超えられます。
もう一踏ん張り、力を合わせて頑張ります!

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-04 15:29 | オトナ映画部 | Comments(0)

12月の新刊(画像追加)

12月発売予定の新刊のお知らせです。

『風の王国』シリーズの第5弾、
『風の王国⑤渤海滅亡』(角川春樹事務所・刊)。
12月15日発売予定です。

『藪の奥――眠る義経秘宝』(講談社文庫・刊)  
同じく、12月15日発売予定。
b0150390_9542747.jpg

※ネット書店に『藪の奥――眠る義経秘宝』の表紙画像がアップされましたので、こちらにも掲載いたします。
題字は『義経になった男』『風の王国』に続き、盛岡在住の書家・伊藤康子さんです。

小学館の電子書籍によるアンソロジー『九十九神曼荼羅』の新作も今月中旬ごろに配信開始です。
短編シリーズ『百夜・百鬼夜行帖』の第9・第10弾の2作品です。

どうぞ、よろしくお願いします。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2012-12-03 20:30 | 告知 | Comments(0)