平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

「エンデュミオン・エンデュミオン」 角川春樹事務所 ハルキノベルス刊

b0150390_7545027.jpg

ぼくのデビュー作です。
色々酷評されましたが(笑)
思い出深い作品です。
脱稿の数年前に何百枚か書いてそのまま放って置いたものでした。
その頃は時々、作品を光瀬龍氏に読んでいただいていました。
「エンデュミオン・エンデュミオン」の構想をお話しし、読んでいただく約束をとりつけていました。
しかし――1999年7月7日。光瀬氏は帰らぬ人になってしまいました。
ショックでした。生まれて初めて「慚愧」という言葉の意味を知った気がしました。
その日から、一心に書き続け、脱稿し――。
角川春樹小説賞に応募しました。
最終選考に残り、賞は逃しましたが、本にしましょうということになり――。
2000年の6月に書店に並びました。
ちょうど発売の日、たまたま盛岡にいらしていた堀晃氏が拙著を手に取り、
樹事務所からぼくの電話番号を聞き、連絡をしてくださいました。
「今、盛岡にきているのだけれど、来られますか?」
もちろん「すぐ行きます」と答えて車に飛び乗り、高速で盛岡へ。
大学時代、氏のハードSFに舌を巻き、2週連続の講演会に出かけたりもしていました。
深夜近くまでお話をして自宅に戻りました――。
そのほかにも色々と想い出のある作品です。
神話の神々と人類との決別というテーマでした。
近未来の地球と月が舞台です。

現在、絶版になっています。
たぶん、再販になることはないでしょう。
著者としては少し寂しいですが――。
いつの日か、もう一度書き直すこともあるかもしれません。

次回からは 単行本未収録の小説やエッセイ について書いてみようかと思っています。

百物語の第8夜の執筆にはいりますし、
書き下ろし長編の著者校正の仕事も入ってくると思うので、ちょっと更新時期が遅くなるかなと思います。
by y-hiraya | 2009-03-12 00:51 | 作品の召し上がり方 | Comments(0)