平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2017年 年末のご挨拶。

2017年を振り返ってみると、なかなか面白い一年でした。
四社共同企画というものをやってもらい、連続で四冊本を出したり、毛越寺の曲水の宴で和歌を披露したり、図書館小説なるものを書いてみたり、町の様々な企画にからんでみたり。専業作家になってから、たぶん一番アクティブに動きました。
曲水の宴では衣冠というものを初めて着ました。蘇芳色のそれが、自分で言うのもなんですが、かなり似合っていて、とても気に入りました(笑)。とはいえ、衣冠をワードローブに加えるわけにもいきません(笑)。一生に一度の思い出といたします。


ワードローブといえば、この歳にして古着にはまってしまいました。
「古色がついたもの」というのは好きなのですが、身につけるものにしろ、道具にしろ、自分以外の人が使ったものには興味がなく、今まで古着を買ったことはありませんでした。
ところが今年、古着をすでに四着ばかり手に入れました。
きっかけは某アウトドアメーカーが出している、分厚いウールのパンツです。この場合のパンツは、昔風の言い方をすれば「ズボン」ね。
ずっと欲しかったのですが、日本に入ってくる数が少ないのでしょうね。なかなか見つからず、見つかってもサイズがない――。ところが、ネットで検索しているうちに、サイズは少々大きいものの、いい品物が古着でヒットしたのです。
値段は新品の四分の一ほど。すぐに購入しました。届いた品物は、ウエストはブカブカでしたが使用感もなく、とても気に入りました。それで、古着を身につけることへの抵抗感がなくなって、パンツ一本。ジャケット二着を手に入れました。いずれも、現行品がない古いデザインのもの。現行品が手に入るなら、やっぱり新品の方がいいです(笑)。
 
新聞小説は順調――まぁ連載が始まる前に書き上げてあるので順調でなければ困るのですが、某郷土史家から理不尽なクレームはもらいました(笑)。
書き下ろしは七冊。もう少し出したかったなと思います。
ただ、「読むのが追いつかない」という声もあり、悩ましいところです。
わたしのように書き下ろし文庫を中心に執筆していると(それも、ベストセラー作家ではない場合)生活を考えれば、あと何冊か書いておきたい(笑)。
理想としては、「二本くらいの連載があり、年に六冊の書き下ろしを書く」かな。
六冊の書き下ろしの中には何冊か単行本があってほしいですね。


釣りは、去年よりも行けました。それでも二桁釣行とはいきませんでしたが。
ここ数年のうちでは、いい釣りができた回数は多かったです。
しばらく行っていなかった川で、かなり魚が増えていたところがあり、来年はちょっと通ってみようかなと思っています。


来年は、一月はお休みですが、二月、三月と本が出る予定です。三月は二冊出ます。
オファーが来ているのが一冊。それで、とりあえず、四冊。岩手日報に連載中の「柳は萌ゆる」が夏頃に終わるので、年内に本を出したいと思っています。おそらく上下巻になるだろうから、それで六冊――。これからあちこちに声をかけて、書き下ろしの仕事をあと何冊か入れたいと思います。
連載も欲しいなぁ(笑)。締め切りはきっちり守りますので、誰か紹介してください(笑)。


2017年はいい年でした。盆も正月もなく、ほとんど書斎に閉じ籠もっていて、大晦日も夕食直前まで仕事。まぁ二足の草鞋を始めた年からそうでしたから、もう慣れっこですし、小説を書くことが大好きなので苦にも思いません。
今年の執筆以外の活動は大部分午後に取り組みました。それが気分転換になって、アクティブに動けたのかも知れません。
来年も、あんなことや、こんなこと、色々なことに取り組んでいきたいと考えています。 詳しいことは――といっても、企画段階でまだ公にできない話もありますが――、年始のご挨拶で。
 
それでは皆さま、よいお年をお迎えください♪ 

〈文・平谷美樹〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-12-31 21:00 | ご挨拶 | Comments(0)

御礼「少女マンガ歴史・時代ロマン決定版全100作ガイド」

b0150390_13353911.jpg
細谷正充さんより新刊「少女マンガ歴史・時代ロマン決定版全100作ガイド」(河出書房新社)をいただきました。

【日本の古代、江戸の春風駘蕩、新選組、古代エジプト、フランス革命、中国四千年…。
少女マンガで歴史にひたる! 大御所から気鋭まで、歴史を描いて文句なしの100人100作を紹介する、少女マンガ歴史・時代物ガイド。】(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-12-31 13:36 | 献本御礼 | Comments(0)

御礼「脳科学捜査官 真田夏希 」

b0150390_13155197.jpg
鳴神響一さんより新刊「脳科学捜査官 真田夏希 」(角川文庫)をいただきました。

【神奈川県警初の心理職特別捜査官に選ばれた真田夏希は、知人に紹介された男性に会うため横浜駅付近のレストランに向かった。
婚活に失敗続きの夏希は、織田信和と名乗る男性に、好印象を抱く。だが、そんな甘い雰囲気を激しい炸裂音が打ち消してしまう。
みなとみらい地区で爆発事件が発生したのだ。翌日、捜査本部に招集され、爆発事件の捜査を命じられる夏希。
初の事件で戸惑いを覚える夏希の前に現れたのは、意外な相棒だった。】(商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-12-24 13:17 | 献本御礼 | Comments(0)

来年の新刊

鬼が笑うような話ですいません。
来年2月発売の新刊の告知です。

「義経暗殺」(双葉文庫)
2018年02月15日刊行予定です。

タイトルそのまんま、自害したはずの義経は、実は何者かに殺されたのでは?
誰が? 何のために? ――というお話です。

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉



[PR]
by y-hiraya | 2017-12-23 13:34 | 告知 | Comments(0)

御礼「山手線謎日和 」

b0150390_15031894.jpg

知野みさきさんより新刊「山手線謎日和 」(ハルキ文庫)をいただきました。

【小さな出版社の営業として働く折川イズミは、山手線の車内で自社の新刊を熱心に読む男性に気づく。その翌日、五反田駅のホームで歩きスマホの女性が何者かに押され転倒する事件が。怪我人が出たものの、犯人は分からずじまい。目撃したイズミは真相が気になって…。
一方、和泉怜史は三十五歳で会社を退職して以来、毎日山手線内で読書するのが日課という変わり者。彼もまた、五反田駅の事件に居合わせていた。
正義感の強いイズミと、ひねくれ者の和泉。二人が出会う事件の数々―。書き下ろし。】 (「BOOK」データベースより)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-12-15 15:07 | Comments(0)

さわベス2位!

b0150390_17164185.jpg
盛岡のさわや書店さんが毎年行っている『さわベス(さわや書店年間おすすめ本ランキング)』で、
「でんでら国」(上下・小学館文庫)が文庫部門の2位に入りました!
[PR]
by y-hiraya | 2017-12-14 17:17 | Comments(0)

「柳は萌ゆる」連載500回!

岩手日報で連載中の小説「柳は萌ゆる」。
本日12月13日で連載第500回となりました。

奥州越列藩同盟は新政府軍に敗れ、盛岡藩も秋田・佐竹藩に降伏。
楢山佐渡は盛岡藩と領民を救うため、また戦に散っていった兵たちに詫びるため、
戦犯として処罰を受ける決意をする。

物語はいよいよ終盤です!
……と言っても、まだあと半年近く続きますが(笑)。

どうぞよろしくお願いします!

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-12-13 13:56 | Comments(0)

御礼「猿島六人殺し 多田文治郎推理帖」

b0150390_17270154.jpg
鳴神 響一さんより新刊「猿島六人殺し 多田文治郎推理帖」 (幻冬舎文庫) を頂戴しました。

内容紹介

【浪人者の多田文治郎は江ノ島・鎌倉見物のあと足を伸ばした米ヶ浜で、浦賀奉行所与力を務める学友の宮本甚五左衛門に出会い、対岸の猿島で起きた殺しの検分に同道してほしいと頼まれる。
甚五左衛門が「面妖な事件」と評したことに興味をそそられ、承諾した文治郎。酸鼻を極める現場で彼が見たものとはいったい……? 
驚天動地の時代ミステリ!】

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-12-12 17:28 | 献本御礼 | Comments(0)

「雀と五位鷺」&「御掃除之者!」感想

こちらの掲示板『ヘリコニア談話室』に、
「雀と五位鷺 推当帖」(ハルキ文庫)の感想があります。
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/8244
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/8250

そして、こちらのブログ『時代伝奇夢中道 主水血笑録』には、
「江戸城御掃除之者! 地を掃う」(角川文庫)の感想がアップされております。
http://denki.txt-nifty.com/mitamond/2017/12/post-af75.html

ヘリコニア談話室管理人様、三田主水様、いつもお読みいただきありがとうございます!

〈文・管理人M〉



[PR]
by y-hiraya | 2017-12-09 14:06 | 本について | Comments(0)

「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束」

b0150390_19324908.jpg
草紙屋薬楽堂シリーズ第3弾、

「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 唐紅色の約束」(だいわ文庫)
本日より配本開始です。

hontoの〈商品説明〉より

時は文政。江戸の通油町にある本屋、草紙屋薬楽堂が特別に誂えた大切な表紙紙が盗まれた。
女戯作者・鉢野金魚と貧乏戯作者・本能寺無念は、唐紅色の紙を取り戻すために、現場となった表紙仕立屋・播磨屋を訪ねるが…。
【「TRC MARC」の商品解説】

悪霊退治と失せ物探しは江戸の本屋の得意技!? 戯作者=作家の謎解きが冴える、読み心地満点の大人気時代小説、待望の第三弾!
【本の内容】


一部ネット書店ではまだ〈予約〉になっていますが、今週末にはご購入いただけるかと思います。
リアル書店の店頭にも、その頃には並ぶはず。
どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-12-07 19:42 | 告知 | Comments(0)