平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

「柳は萌ゆる」連載1年

岩手日報で連載中の小説「柳は萌ゆる」。
昨年7月20日の連載開始から、丸1年が経過しました。

現在、主人公の楢山佐渡は薩摩藩士・西郷隆盛と会談中。
これから佐渡と盛岡藩は、明治維新の大波に巻き込まれて行きます。
佐渡がいかにして盛岡藩と、盛岡藩士としての矜持を守ってゆくのか――。

連載はさらに続きます。
今後ともどうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-07-20 13:29 | 告知 | Comments(0)

「でんでら国」文庫・重版出来!!

b0150390_20531836.jpg
小学館文庫「でんでら国」上下、重版出来です。
帯も新しくしていただきました。『たちまち重版!』の文字が嬉しい♪

よろしくお願いします!

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-07-10 20:58 | 告知 | Comments(0)

御礼「わざわざゾンビを殺す人間なんかいない。」

b0150390_21070100.jpg
小林泰三さんより新刊「わざわざゾンビを殺す人間なんかいない。」(一迅社・刊)をいただきました。

【全人類がウイルスに侵され、死ねば誰もがゾンビになる世界。とあるゾンビウイルス研究者が密室の中で突然ゾンビ化してしまう。そこへ、謎の探偵・八つ頭瑠璃があらわれ…。極上のゾンビ×ミステリー。】(「TRC MARC」の商品解説より)

ありがとうございました。

〈文・管理人M〉






[PR]
by y-hiraya | 2017-07-07 21:12 | 献本御礼 | Comments(0)

啓文堂書店〈時代小説文庫大賞〉候補作フェア

京王線・井の頭線沿線地域を中心に展開している啓文堂書店さんで、
7月1日より〈時代小説文庫大賞〉候補作フェアというものをやっておられます。

啓文堂書店さんでは様々なオリジナルの賞を設けておられまして、
【啓文堂大賞」は各出版社と啓文堂書店のジャンル担当の推薦により選定された10~15作品の候補作を、啓文堂書店全店で「候補作フェア」として一ヶ月間販売した中で、最も売上の多い作品が大賞受賞作となります。】
(啓文堂書店HPより)

↑ということなのだそうです。
b0150390_17231416.jpg
で、平谷美樹の「鉄の王 流星の小柄」(徳間時代小説文庫)が〈時代小説文庫大賞〉の候補8作品の中に入りました!
この機会に一人でも多くの方に手にとっていただければと思います。
候補作フェアは7月31日まで。
京王線・井の頭線沿線にお住まいの皆様、どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-07-04 17:25 | 告知 | Comments(0)