平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ご挨拶( 9 )

明けましておめでとうございます

b0150390_18172112.jpg

このキャラクターが何者かは、近々あきらかにしますのでお楽しみに(笑)。

本年もどうぞよろしくお願いいたします!

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2017-01-02 18:21 | ご挨拶 | Comments(0)

2016年 年末のご挨拶

 ありきたりの言葉ですが、あっという間に年末であります。
 今年はあまり新刊を出せませんでした。【採薬使佐平次シリーズ】の文庫化はありましたが、新刊は【貸し物屋お庸シリーズ】と【草紙屋薬楽堂ふしぎ始末】のみ。
 お買いあげ下さった皆様、ありがとうございました。
 7月からは岩手日報で【柳は萌ゆる】の連載が始まりましたが――。連載分の原稿はすでに春には脱稿していました。
 以後、原稿を書いていなかったわけではないのです。
 書いたものはほとんど来年に回されてしまい、今年の刊行がなかったのです。
 ということで、来年は2月から6月まで毎月本が出る予定です。
 文庫書き下ろしが3冊。内訳は、新しいシリーズが2つと、既にあるシリーズの続巻が1つ。そして、単行本が1冊。 既刊の文庫化――、これは上下巻です。
 これらにはちょっとした仕掛けがあるのですが、今は書けないのがもどかしい(笑)。
 どういう作品かはまだ公表できないのですが、2月に出る本は1月には告知できます。その時に、仕掛けについてもお知らせできるかもしれません。
 
 あっという間ではありましたが、色々なことがありました。
 マイナス面では――。
 まず、あまり釣りに行けなかったこと――。原因は、行ける日と天候の関係ですね。9月の台風10号で県内の河川は大きな被害を受け、とても釣りに行く状況にも気分にもなれませんでした。
 それから肺ガン検診にひっかかったこと(笑)。わたしは定期的に胸のレントゲンと、CTを受けているので、もし癌があれば見つかっているはずなので、精密検査をしても「異常なし」になる可能性が高いとは思いましたが、それでも最悪の事態を考えて、いろいろとシナリオを用意しました(笑)。結果は「古い気管支炎の痕跡が写っていた」というものでした。
 そして、18年間一緒に暮らした愛犬に旅立たれてしまったこと。
 わたしは心に鬱屈があるときには、SNSの記事を書かないことにしています。
 自分の心の中で処理をして、過去の物となった時に書きます。
 だから、愛犬のことも心配ご無用。先に旅立った愛猫、愛犬らと一緒に、家の中で遊んでいると思うことができています。
 教師時代にカウンセリングを齧ったのですが、けっきょく、クライアントはカウンセラーと話すことによって、自分で道を見つけて行くんですよね。だからわたしは自分との対話で心の問題を解決して行きます。
 昔は人に相談していたのですが、相手の慰めを次々に否定していくもんだから、最後には怒られてしまう――(笑)。タチの悪い相談者だったのです。
 ということで、口に出さない、文に書き起こさない悩みはたくさんありますが、すべて自分で解決しなければならないこと――。
 だから目先の楽しいことに集中しようかと。
 1月14日・15日は盛岡市のクロステラスという商業施設で【岩手盛岡アマチュア地ネマフェス2017】というアマチュア映画政策集団のイベントがあります。わたしは両日会場にいて、お手伝いやトークショーをする予定ですので、ご都合がつく方はいらしてください。無料です。
「柳は萌ゆる」はまだまだ続きます。2月からは本が連続刊行されます。
 現在、連作短編の残り1本を執筆中で、それを書き終えたら6月以降に備えての原稿を書こうと思います。
 ということで、大晦日も元日も仕事です(笑)
 来年こそは、みなさんがお仕事をしてるときにたっぷりと休ませてもらいます。
 あっ――。マイナス面だけ書いて、今年あったプラス面のお話を書きませんでした。
 まぁ、書ききれないほどいいことがあったということで(笑)。
 皆様、よいお年をお迎え下さい。
 来年もよろしくお願いします!

〈文・平谷美樹〉
[PR]
by y-hiraya | 2016-12-31 13:14 | ご挨拶 | Comments(0)

謹賀新年

b0150390_13251944.jpg

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。
まずは4日発売の「貸し物屋お庸」の第3巻をよろしく(笑)。

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2016-01-01 13:28 | ご挨拶 | Comments(0)

年末のご挨拶

今年も残すところ明日一日になってしまいました。
年末のせわしなさはテレビの中にだけ存在するもので、外に出ずに書斎にこもっているわたしには、明日も明後日も、今日の延長線上にすぎません(笑)
教師をしていた頃は、保護者と生徒を前にした期末面談があり、生活の区切りが存在しましが……。
現在、来年の夏頃から始まる連載のために長編を執筆しています。
なんとか1月中には脱稿したいと思っているのですが、なかなかの難物です。
「沙棗――義経になった男」の時にもそうだったのですが、連載前に全部書き終わっておこうという考えです。「義経になった男」の時には、連載が延長になったので、連載中に少し書き足しましたが。
平行して、来年から始まる新シリーズのプロットを作ったり、別の新シリーズの短編を書いたり、ネット書籍用の「百夜 百鬼夜行帖」を書いたり、長編のための取材に行ったりと、一昨日あたりまでは、バタバタとしていました。
連載について、ここに書いてしまいたいという衝動があるのですが(笑)
先方から「まだヒミツにしておいてください」と言われているので書けません。

今年は、後半に新作が出ずになんだか寂しい思いをしました。
「採薬使佐平次」の文庫が出たので、食べていくには心配なかったのですが、貧乏性なもので不安にさいなまれていたのであります(笑)
それでも「この時代小説がすごい!」で、今年出した本のほとんどを取り上げてもらったので、ちょっとだけホッとできました。

元々、歴史時代小説は自信のないジャンル――と言うか、書いたことのないジャンルでありましたが、ともかく評価していただけるようになって良かったです。
SFはほとんどスルーされてましたのでねぇ(笑)
現在は歴史時代小説のオファーばかりで、来年も新しいシリーズが幾つか始まります。
少し前まで「ネタが続くかなぁ」と思っていたのですが、新しい資料を読むたびに、ネタを見つけることができると分かったので、ネタ切れは心配していません。「百夜 百鬼夜行帖」はほとんど付喪神ネタで60本近く書き続けていますし。

今年は「でんでら国」を四六判で出せましたが、いまのところ来年のオファーは文庫のシリーズだけなので、四六判が出せるよう頑張りたいなと。

執筆以外では――、今年は昨年よりも数回多く釣りに行けました。
来年はもう少し増やしたいと思っています。
12月からジムにも通い始めました。ヘモグロビンA1cがちょっと……ということで(笑)
昔から筋肉がつきやすい体でしたから、すでに大胸筋が太くなり始めています(笑)

休み無しとはいえ、1月1日は朝酒を飲みます。
執筆は起きてから朝食までの1時間程度。
スパークリングを飲みながら、正月番組を見ていると、やっぱり正月気分に浸れます。
うん。それを考えると、なんだか年末の気分になってきたぞ♪
ということで、皆様、よいお年をお迎え下さい!

〈文・平谷美樹〉
[PR]
by y-hiraya | 2015-12-30 21:30 | ご挨拶 | Comments(0)

あけましておめでとうございます。

b0150390_12221732.jpg

今年もよろしくお願いいたします。

〈平谷美樹&管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2015-01-01 12:23 | ご挨拶 | Comments(0)

皆様 よいお年を

大晦日も当然のようにお仕事(笑)
原稿を書いていて、資料に目を通して……。
ある記述を目にした途端に冷や汗。
近々出る本に、間違いを書いてしまったことに気づく……。
まぁ、物語の根幹に関わることではないので、もし、重版なんて嬉しいことになったら、こっそりと直します。
さて、何を間違えたのかは――、秘密です(笑)
お買い上げ下さった方は、「間違い探し」のつもりで読むのも一興ですよ。
「それ、この年には無いよ」
というものを書いてしまったのでした。
校正さんのせいにしたいけれど、ちゃんと調べなかったわたしのミスです(笑)
ということで、午後の仕事は届いている見本に目を通し、直さなければならない所をチェック。
沢山付箋がつくかなと思ったけれど、それほどでもなかったので一安心。
たぶん、江戸時代の歴史に詳しい人以外は気がつかないと思うんだけど……。

明日は1日休んで昼酒をくらう予定なんだけど、なんだか今夜から雪の予報。
ここのところ、元旦は除雪から始まるので、来年はなんとか免れたいと思っていたのだけれど……。

ともあれ、みなさま一年間お疲れ様でした。
よいお年を♪

〈文・平谷美樹〉
[PR]
by y-hiraya | 2014-12-31 22:25 | ご挨拶 | Comments(0)

2011年!

新年あけましておめでとうございます。

本年も《平谷美樹の歌詠川通信》をよろしくお願いいたします。

今年は4月に『義経になった男』が角川春樹事務所より全4巻の文庫で発売されるほか、

いろいろと出版の企画が進行中です。

順次この場で告知させていただきますので、お楽しみに。

そして自主映画制作サークル《オトナ映画部》では、

次回作『義経北行』で平谷美樹がメガホンをとります!

『義経になった男』とはまた別の切り口で、義経北行伝説の謎に迫ります。

どうぞご期待下さい!

〈文・管理人M〉
[PR]
by y-hiraya | 2011-01-01 11:34 | ご挨拶 | Comments(0)

今年もよろしくお願い致します。

b0150390_21183964.jpg


画像は2010年年賀状に使用した平谷美樹自筆のイラスト。

『沙棗――義経になった男』の登場人物・アイベの、虎模様入れ墨バージョンです。

河北新報朝刊に連載中の『沙棗――』は、秋頃まで続く予定。

その他の今年の出版予定としては、書き下ろしの文庫が1冊決定しています。

ほかにも数冊、企画進行中。

順次、告知しますので、どうぞご期待下さい。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2010-01-07 21:34 | ご挨拶 | Comments(0)

始めちゃいました

作家をしています。平谷美樹です。
〈SF〉を抜いたのは他意はなく(笑)、最近は専ら歴史小説の執筆にはげんでいるからです。
親しい友達の桐矢さんから、ずっと「ブログとかホームページとかやった方がいいです」とすすめられていたので、思い切って始めてみました。
内容は少しずつ充実させていきます。
今は、8月までには仕上げなければならない歴史長編にかかりきりで、なかなか時間を見つけられないのです。
晩秋あたりには、それについての報告もできると思います。
7月の中頃には「百物語第7夜」が出ます。
その頃に、短編の報告も出来ると思います。

不定期で更新――そのくらいのつもりでやっていかないと自分の首を絞めそうなので、のんびりとおつきあいください。
[PR]
by y-hiraya | 2008-06-24 17:39 | ご挨拶 | Comments(2)