平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:告知( 325 )

金ケ崎町立図書館 企画展

6月10日(土)より金ケ崎町立図書館で企画展『平谷美樹の王国』が始まります。
図書館の公式ツイッターで連日情報が発信されていますので、ぜひご覧下さい。

https://twitter.com/kgs_lib

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-06-08 20:53 | 告知 | Comments(0)

6月の新刊

2015年に小学館より単行本で刊行された「でんでら国」が文庫になります!

〈 書籍の内容 〉
姥捨山のその奥に老人達の桃源郷があった
 この時代小説がすごい2016年版(宝島社)にランクイン!細谷正充・著『歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド』(河出書房新社)に掲載。各方面で話題の時代小説が、いよいよ待望の文庫化!

 時は幕末、陸奥国八戸藩と南部藩に挟まれた小さな国、外館藩西根通太平村。大平村には、60歳になると村での役割を全て解かれ、御山参りをする習わしがあった。それは、食い扶持を減らすための姥捨ての旅とも囁かれていた。しかし、その実態は・・・・・・?
 山に捨てられた老人達が、理想の村を作って生活を営む、そんな国を暴こうとする代官とそれを守ろうとする農民たちの攻防戦。意外な結末が、愉快痛快!現代の高齢化社会の問題を解決するヒントが盛りだくさん。(小学館HPより)

6月6日、上下巻で刊行です。
上巻 https://www.shogakukan.co.jp/books/09406259
下巻 https://www.shogakukan.co.jp/books/09406260

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-06-01 17:58 | 告知 | Comments(0)

岩手日日に『曲水の宴(ごくすいのえん)』の記事が載りました

今月28日に催される毛越寺の曲水の宴について、本日付の岩手日日新聞に記事が載っています。

【歌題は「天」 28日に曲水の宴 毛越寺浄土庭園】
http://www.iwanichi.co.jp/ichinoseki/24475.html

平谷について詳しく紹介して下さっています。
緊張感が高まって参りました……(汗)。

〈文・管理人M〉










[PR]
by y-hiraya | 2017-05-19 17:38 | 告知 | Comments(0)

「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入れ」発売!

b0150390_14095584.jpg
大和書房より草紙屋薬楽堂シリーズ第2弾「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入れ」(だいわ文庫)刊行です。

【時は文政。江戸の通油町にある本屋、草紙屋薬楽堂の面々に曲亭馬琴に認められた武家の女、只野真葛が加わった。
真葛は、鉢野金魚、本能寺無念、北野貫兵衛らとともに、怪異がらみの噂と企みの背後の闇を探り始めるが…。
(「TRC MARC」の商品解説より)
娘幽霊、ポルターガイスト、拐かし──江戸の本屋を舞台に戯作者=作家が怪異を解決! 
粋で痛快で少々切ない大人気シリーズ第二弾!(本の内容より)】

角川書店・徳間書店・大和書房・小学館による四社合同企画の第3弾です。
帯には小学館の担当編集者さんより推薦文をいただきました。

どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉


[PR]
by y-hiraya | 2017-05-11 14:20 | 告知 | Comments(0)

毛越寺「曲水(ごくすい)の宴」に参加します

平泉・毛越寺で毎年開催されている「曲水(ごくすい)の宴」に、和歌の詠み人として参加することになりました。
5月28日(日)午後1時からの開宴です。詳しくは毛越寺HPをご覧下さい。

http://www.motsuji.or.jp/news/article.php?p=98

「曲水(ごくすい)の宴」とは ↓ こういう催しです。
https://www.youtube.com/watch?v=x44eyMS5aT4

〈文・管理人M〉




[PR]
by y-hiraya | 2017-04-26 20:53 | 告知 | Comments(0)

「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入れ」表紙画像

b0150390_13181248.jpg
5月12日発売の新刊「草紙屋薬楽堂ふしぎ始末 絆の煙草入れ」(大和書房/刊)の表紙画像です。
初夏らしい爽やかな表紙になりました。
どうぞよろしくお願いします。

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-04-20 13:21 | 告知 | Comments(0)

解説について

最新刊「鉄の王 流星の小柄」(徳間時代小説文庫)には、文芸評論家・細谷正充氏による解説が収録されております。
細谷さんは御著書「歴史・時代小説の快楽 読まなきゃ死ねない全100作ガイド」(河出書房新社)のなかで平谷の作品「でんでら国」(小学館)を『ぶっ飛んだ』時代小説として紹介して下さっているのですが(笑)、
「鉄の王 流星の小柄」も同様に評価していただきました。
ありがとうございます。
書店で「鉄の王」を見かけたなら、まず細谷さんの解説をチラッと(笑)読んでみて下さい。
きっとレジに持って行きたくなるはずですから!

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-04-13 17:20 | 告知 | Comments(0)

「鉄の王 流星の小柄」感想

先日「江戸城 御掃除之者!」(角川文庫)の感想がアップされたばかりのこちらに、
早くも最新作「鉄の王 流星の小柄」(徳間時代小説文庫)の感想が!

http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/7669
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/7671

『ヘリコニア談話室』管理人様、いつもありがとうございます!

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-04-11 14:14 | 告知 | Comments(0)

「江戸城 御掃除之者!」感想

↓こちらに「江戸城 御掃除之者!」(角川文庫)の感想がアップされております。

http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/7661
http://6823.teacup.com/kumagoro/bbs/7662

引き続き、最新作「鉄の王 流星の小柄」(徳間時代小説文庫)も手にとっていただけたようです。
ありがとうございます!

〈文・管理人M〉

[PR]
by y-hiraya | 2017-04-09 17:33 | 告知 | Comments(0)

「柳は萌ゆる」連載第255回目

b0150390_17495997.jpg
岩手日報で連載中の小説「柳は萌ゆる」。
本日、第255話にして主人公の名前が幼名の茂太から五左衛門を経て、
ようやく『楢山佐渡』になりました!
ペリーが来航し、江戸幕府が大きく揺らぐ中、盛岡藩の明日はどうなるのか――。
さらなる難題が佐渡の肩にのしかかって来ます。
今後の展開にどうぞご注目下さい!

〈文・管理人M〉



[PR]
by y-hiraya | 2017-04-05 17:51 | 告知 | Comments(0)