平谷美樹の歌詠川通信

utayomigaw.exblog.jp
ブログトップ

「君がいる風景」朝日ソノラマ刊(ソノラマ文庫)

b0150390_1573415.jpg

「君がいる風景」は昔日のNHK「少年ドラマ」シリーズ」へのオマージュです。
また、1970年代のジュヴナイル小説へのオマージュでもあります。

主人公は過去へタイムトラベルするのですが、科学的な手法を使いません。
そのへんがSFファンの方々にはお気に召さなかったようです(笑)
でも、ぼくが書きたかったのはそこではないので(笑)
ですから、科学知識なんかなくてもサクッと読めます。
中学生時代の甘酸っぱい想い出と、心を寄せる女の子の命を、
「時間制限有り」ですくわなければならないという焦燥&サスペンスを
描きたかったのです。
そのあたりは結構うまくいったと思います。

ちょうどこの小説のゲラを直している最中、父が入院しました。
何度か入退院を繰り返し、
『おそらく父親はもう帰って来られないだろう』と思いながら車で父を
病院へ送り――。
まさにそれが最後の入院になってしまいました。
意識がなくなった父を看ながら赤ペンを走らせていた日々を、今もはっきりと思い出せます。
あり得ないことと知ってはいるのですが、タイムスリップを起こせれば、
もっと早く父に検査をさせることができるのに――と思ったりもしました。
そういう意味でも、思い出深い作品です。

ところが――。
朝日ソノラマが無くなっちゃったので、今は手に入りません。
いずれ、何らかの形で復刊できればと思っています。

で、次は、すぐに手に入る小説について書きます。
昨年出た
「ヴァンパイア――真紅の鏡像」 角川春樹事務所刊

です。
[PR]
by y-hiraya | 2009-01-01 01:23 | 作品の召し上がり方 | Comments(0)